札幌市白石区菊水上町4条2丁目359-1アクセス 011-833-1120

シャントとは?

血液透析を行うためには、1分間に約200〜300mLもの大量の血液を体内から取り出し、透析器で老廃物や余分な水分、ミネラルなどを取り除き、体に戻さなくてはなりません。通常の静脈からは、これだけの大量の血液を持続的に取り出すことは困難です。そのため、動脈と静脈を直接つなぎ、大量の血液が流れる血管を造る必要があります。これをバスキュラーアクセス(シャント)といいます。
シャントには、自分の血管(動脈と静脈をつなぎ合わせる)を用いる自己動静脈内シャント(AVF)と人工血管を用いる人工血管内シャント(AVG)があります。
長期間シャントを使用していると、狭窄、閉塞、血管瘤などのトラブルが起こることがあります。そのため、シャント狭窄部をバルーン(風船)で広げたり(PTA)、閉塞部の血栓を取り除く治療が必要になります。
当クリニックでは局所麻酔を用いた日帰りまたは短期入院でシャント手術を受けることができます。
平均手術時間はPTA30分、AVF60分、AVG90分程度です。